市場が荒れる トランプ砲

トランプ砲でNYダウが暴落した!

皆さんはこのような情報を目にしたことがあると思います。

私たち個人投資家にとって、トランプ大統領のTwitterと言うのは

無視できない存在となりました。

トランプ大統領はメディアで公式に発言するよりも先に

Twitterで情報を出すタイプの人です。

おかげで、私たちは平等&同時に情報をキャッチできるように

なりました。

その点は良いことなのですが、

トランプ大統領のある種のツイート

世界中の為替や株価を大きく動かすようになりました。

特に、貿易関税や金利についての発言は要注意です。

2019年も振り返ると、

・中国に対する貿易関税ツイート

・メキシコに対する貿易関税ツイート

・FRBパウエル議長に対する政策金利ツイート

この辺のツイートで何度も市場が荒らされました。笑

何度も何度もやっているのは

中国に対し、更なる関税をかけるとツイートし

→NYダウ、日経平均、海外株価指数、ドル円が暴落

このパターンです。

ご存知の通り、トランプ大統領はアメリカの株価を

どんどん上げたい人です。

故にFRBパウエル議長に対しても、政策金利を下げろ!と

強く主張していますね。

確かにNYダウは、史上最高高値の27,000ドルを突破し

他国の株価と比べると相当強いです。

ですが、何度も何度も自身のツイートで暴落させています。笑

一旦株価を下げておいて、次の大統領選に向けて上げていく

作戦と言う説もありますが、正直不明です。

この影響で、日経平均も、ユーロのSTOXXも、フランスのCACも

ドイツのDAXも、イギリスのFTSEも、香港のハンセン指数も、

中国やシンガポールの株価指数も、全部打撃を受けています。

私は、ドル円、NYダウ、S&P500、日経個別銘柄、GOLD、

主にはこの辺をトレードしていますが、

トランプ大統領のツイートにより、大きく利益が取れたものも

ありますし、マイナスになったものもあります。

では、対策は?

対策はありません。笑

なぜなら、いつどんなツイートをするのか誰も分かりませんからね。

トランプ大統領のツイート以外にも市場が突如大きく動く瞬間は

ありますので、リスクをしっかり限定しておくことが重要です。

資金管理をしっかりして、ガードは常に上げておきましょう。

※トップ画像は著作権フリー画像です。