老後に2000万円必要?

ここ最近、メディアで老後2000万円必要だ!みたいな

ニュースがたくさん出回っていますね。

新聞やTVニュースしか見ない層は

「老後2000万円必要なの!?」

と思ってしまうかもしれませんね。

そして、それが極端化すると

「年金返せ!」と謎な極論に発展している人もいるようです。

では、本当に老後に2000万円必要なのか?

正解は、"2000万円必要な人もいれば、そうでない人もいる"です。

金融庁の報告書は以下のようなものです。

夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では

毎月の不足額の平均は約5万円であり、

まだ20〜30年の人生があるとすれば、

不足額の総額は単純計算で1300万円〜2000万円になる。

これを見ても明白ですが、単なる一例です。

65歳以上でも、年金以外に何らかの収入がある人もいますし

今までに納めた年金額、貯蓄額、住んでる場所、生活費、余命

などなど、人それぞれです。

ので、老後に必要なお金は人それぞれなんです。

それを金融庁の報告書の一例の2000万円という数字を

拾って報道している、ただそれだけのことです。

2000万円という数字は目を惹きますからね。

一応金融庁も、以下のように老後に必要なお金は人それぞれだから

年金以外でいくら必要か考えてね、と言っています。

この金額はあくまで平均の不足額から導き出したものであり、

不足額は各々収入、支出の状況やライフスタイル等によって大きく異なる。

当然不足しない場合もありうるが、これまで以上に長く生きる以上、

いずれにせよ今までより多くのお金が必要となり、長く生きることに応じて資産寿命を延ばすことが必要になってくるものと考えられる。

重要なことは、長寿化の進展も踏まえて

年齢別、男女別の平均余命なども参考にした上で

老後の生活において公的年金以外で賄わなければいけない金額が

どの程度になるか、考えてみることである。

このように、至って普通のことを言っています。

昔からずっと言ってることですよね。

ちなみに、年金の100年安心とは年金制度が

数学的に見ても100年持つという意味で

私たちの老後を完璧に面倒見ますって意味ではありません。

極論勢はこの点も誤解があるようですね。

最後に、GPIFの年金運用について。

私達が日々納めている年金は、厚生労働省所管のGPIFという独立行政法人によって運用されています。

集めた年金を国が投資運用して、増やしているわけですね。

具体的には国内外の株や債券に投資しています。

ちなみにどの株を買っているかも公開されています。

で、そのGPIFが運用で一時的にマイナスを出すと

メディアが騒いだりしていますが、

GPIFの運用の利益は

2016円はプラス約8兆円

2017円はプラス約10兆円

2018円はプラス約2兆円

です。

そして運用の利益の累計は60兆円以上あります。

長期投資ですから、年単位でマイナスになることもありますが、

長期投資においてそれは普通のことです。

以上、老後に2000万円問題についてでした。